ブログやるならJUGEM
* CATE * COM * AR * PROF * LINK * OTHER *
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


-.-
予告とか

サイト活性化のために何をすべきか、なんて考えなくてもよくわかるものです。
更新率の安定、宣伝、交流などなど。

「書きたいものを書く」か「読んでもらいたいものを書く」のかの決着がつかないので、両方やっていくことにしました。
とりあえずは地道に作品アップです。


さてさて、長編の連載を始めようと思います。

「どのネタにするか」「どんな話にするのか」で行き詰っていたのですが悩むより行動!と思ったので、完成するかわからない新たな作品に挑もうと思います。
このネタでどんなのを書こうとしていたのか、もう今の自分では理解し難いのです。それでも書けそうな気が…

かるーいお話の内容はつづきから。




『Parethic  玲音(レイン)』


 私達は何の為に生れ出で、何の為に生きているのか。なぜ死を恐れ、己と向き合おうとせず生き続けているのか。平凡な生を望み、欲望のままに突き進む。たとえその手がどんなものに血塗られようとも。

“殺される為に生かされているの、私達。神様にね”
“世界は突然始まったんだ、そこに進化なんてない”
“私たちはゲームの中で生かされ遊ばれているんじゃないかな”
“この細胞のひとつひとつが世界なのよ”
“死は甘美な逃げ道よ。荒廃したモノこそ絶世の美だわ”
“痛いわ。生って痛みのことなの。逆にいえば痛みで生を実感するの”


――そこに、どんな世界が見えるのだろうか。



Part1 痛覚
Part2 受動
Part3 美感
Part4 無進化論
Part5 宇宙
Part6 GAME


====================================
くらっ!
暗くてシリアスなにおいがする…

でも基本的に私は暗くてシリアスしか考えられないので仕方ないです。

そういえば携帯小説として書いてたものがあって、その作品をどうしようか悩んでます。
めちゃくちゃ思春期ものです!
決められた将来を歩んでいくことに憂鬱となった一人の女の子が、家出して知らない土地ですばらく過ごしてなんか良い出会いをして立ち向かう気力と勇気を手に再び故郷へ帰って新しい道を自らの手で選んでいくというなんとも明るいハッピーエンド&恋愛モノ!

携帯小説ってバッドエンドだったり誰かが死んじゃったりするのが定番だったので(今はどうだか知らない)もっと↑↑でいこうよ、と結構本格的に始めたのです…が。
こわくなってやめました。
ちょっと未練ありますが、どっちにしろ携帯小説は私向きではないと考えてますので。


手直ししていつか公開できるといいな。
たまにはファンタジーじゃないのも。



日記.comments(0)
スポンサーサイト

-.-
Comment









Material:Whim+
Template:a dear friend